【日記】生き甲斐

 

 

私にとって、勉強は教材と場所を問わず、色んななところから知識を得られる。

 

自分が実際に体験することは、使った時間が自分の経験になる。

 

本を読むことは、他人の何十年分の経験を濃縮して、一冊でもらえる。

 

授業を受けることは、先生の何十年分の経験を濃縮して、1時間でもらえること。

 

映画を観ることは、その監督や脚本家の経験を濃縮して、2時間でもらえる。

 

読書会に参加することは、他の人が時間を使って読んだ本の知識を、その場でもらえる。

 

人と飲みに行く時は、みんなそれぞれの経験を語り始めて、お酒を飲みながらもらえる。

 

自分の実体験、プラス色んなインプット、どんどん加算していくと、知らない間に成長していた。

 

好奇心に従って生きていくと、生活がどんどん充実していく。

 

もっともっとこの世を知りたいから、色んな本を読む、色んな映画やアニメを観る、色んな人達と接する、趣味を広げる。

 

新しい知識を得て、勉強もして、好奇心を満たすことは私にとって、幸せなこと。

 

それが私の生き甲斐。

 

By 生き甲斐について急に語りたくなったはるかでした

【読書会】ソクラテスとの再会

 

昨日は古典読書会『1/24(木)第一回目シリーズ『今さら聞けない常識としての哲学をこっそり学ぶ会』 | YOERU Official Site』を参加してきました(タイトルすごい長い(笑))。

 

f:id:kamafuchi:20190125163449j:image

 

今回テーマになった本は『ソクラテスの弁明

 

古典を手にする時いつも人ページ目で挫折をしてしまって、そのまま本棚に戻す。初めて読みきった。この本を読んで感動すると泣くと思わなかった(泣)

 

読書会に参加して、脳みそがその2時間でぶつかり合った。アテナイ人の評議会がタイムスリップして、新宿の住友グランドタワーの30階で参加できるような感じだった、いい会だった。

 

 

 

 

ソクラテスとの出会い

 

一番最初ソクラテスと出会ったのは小学校の図書館で、当時は哲学についで深く掘れる年齢ではなかったので、すれ違った。

 

歴史の授業でまたふたたび彼と会う機会があった、先生の最初の一言がすごい印象に残った。もしソクラテスこの場にいると、すごいうざいと思われる。あなたが今日晩御飯何しようかと悩んでいる最中、急に知らない人に「幸せとは何だろう?」と質問されるどう思う?彼は色んな人に色んな質問を問いかけた、現代ではすごい哲学者と誦えるけど、当時ではただただ空気を読めない人と思われた。」

 

ソクラテスは自分とすごい似ていると思った。小さい時から、授業の最後に先生の「他に質問ありますか?」と言われると、必ず手を挙げて質問をする、いつもワクワクして先生の答えを待っていた。でも早めに終らせる授業を遅らせた、クラスメイトに言われるまで、周りから反感を買うことになったのも気づかなかった

 

質問するのは授業後にすることにした、先生は教えてくれたから、それで充分と思った。先生達もいつものようにに答えてくれた。

 

でも、学年が上がることによって、顔色の伺い方も覚えた。何人かの先生は授業後に質問されると、嫌がている顔が一瞬現れる。いい先生は熱心に教えてくれた、でもほとんどの先生の本音は早く教室から出たい。当時の自分はそれを読み取れなくて、たくさん質問をしていた。せっかくクラスメイトからアドバイスをもらったのに、自分がちゃんと理解して活用できたの遅かったと感じた。

 

以上の体験で質問をするのはちょっとトラウマになった、自分の欠点と思った、その点ソクラテスと似ているこそ、彼をちょっと嫌がていた。プラトンの方が好きと思った)ふたたび彼とすれ違った。

 

 

 

 

感動する再会

 

読書会でふたたび彼と出会った、今回は初めて彼と向き合った。この回を参加するの決まったのは3日ぐらい前で、急いで本を買ったが、薄いのですぐ読み終わると思って、当日まで放置していた。文体に慣れていないので、思ったより読み辛かった、読書会はじまる30分ぐらい前にやっと読みきった(化粧時間がなくて、めっちゃ雑だった(笑))

 

クリトンを読んだ時号泣してしまった、クリトンはソクラテスを尊敬し、彼を連れて逃げ出そうとした、でも断られた。自分の死を迎える直前まで、彼に最後の授業をしようとした。暗殺教室を思い出した(泣))

 

まだ心が落ち着かないまま読書会に参加した、本について話そうとしたら、色んなことがリンクして、涙がポロポロと出た。

 

 

"余命宣告を受けた先生"の「最後の宿題」が海外でも話題に 「心を打たれたよ」 | FUNDO

amazarashi 『ひろ acoustic Live Ver.』 - YouTube

 

暗殺教室以外、自分が泣きたくなるポイント↑

 

 

彼は自分の後は長くないと思ったから、裁判されることによって、より多い人に考える力をつけられるじゃないかと思った。自分の命をかけて、アテナイ諸君に問いかけた。

 

 

 

 

読書感想

 

クリトンのところを読む時、ソクラテスはただ答えを聞くために質問したじゃないと感じた、それはトラウマになった私と彼との違い。無意味の問いを投げかけるじゃなくて、詭弁でもない真実に近づくための質問だった

 

問答することによって、お互いが答えを見つけ出せる。普通の授業はインプットだけなのが彼の「授業」はアウトプットもできる

 

自分の経験上でも、問答によって知識が複利していくとすごく実感してる。

 

1人の時、今までの経験を基づいて考えてしまうので、盲点は絶対ある。それは学ぶ側だけではなく、教える側もそう言える。質問を恐れていた自分は1人で答えを探そうとして、色々苦労をした。

 

たとえ20歳の人が1人で考える時、人生20年間の経験しかない。でも20歳の人が10人居たら、人生200年間をその場で生み出せる。団結は力になり、それは問答による知識の複利であること。

 

 

 

 

 

読書会感想

 

全員からの視点や経験、自分の盲点を気づくこともできた。本当に参加して、ちょっとパワーアップしたかも(笑)

 

一番最初に言ったように、いい脳みそのぶつかり合いだったと思う。

 

塾長が時代背景をまとめてくれた、関連豆知識もたくさん持っているので、元々彼のことを憧れ的な存在と思って読書会を参加したが、思ったより凄い人だった、より憧れた。

 

司会も上手くみんなの論点をこまめに整理してくれていた、まさにインプットをその場でアウトプットできる人、経験ってやはり大きいと思った。

 

塾長が言ったみたいに、プラトンは「魂は答えを持っている」と考えた。自分も思いついたことは、ほかの人も元々知っていると思っていた。

 

だから自分は色んなことを脳内で整理して、そのまま納得して終わってしまうから、でも司会の方を見て、自分もアウトプットができたらいいなぁと思った(笑)

 

 

今回で気になったところ

 

アテナイ諸君」は誰を対象にしていたか?

ソクラテスに影響を与えたのはどんな人達か?

ソクラテスの弁明をどう上手く生活に使えるか?

プラトンはどうやってこの本を書いたか?

プラトンが描いたソクラテスは真実にどれぐらい近いか?

なんで知識を探求する人が減ったか?

……など

 

本はまだ一回しか読んでいないが、その一回目のパンチ力は本當に淒かった。後何回か読み返して、新たな発見があると思う。

 

By次回の読書会まで卒業旅行の前夜みたいにワクワクして待っているはるか

 

【日記】2019年目標||マンダラチャート

去年の9月に大学を卒業して、年末までバタバタした。2019年を迎えて、やっとちょっと落ち着いた。学校という型から抜けたので、時間がもっと自由に使えるようになった。

 

大学、学費、生活費。

 

大学とバイト先、行ったり来たりして、色んな締め切りに追われて、凄く必死だった。毎日家にいる時間は4から6時間しかなかった。休みがなさすぎで、心と体両方ヘトヘトだった。追い詰められた自分の姿はあまりにも無残だったので、恋人と別れてしまった。

 

今、冷静になって振り返ってみると…

 

私は何のためにこんな必死だったの?

そんなに苦労していたのに、何で心がこんなに虚しい?

休学した一年半は本当に必要だったか?

もっと時間を有効に使えたじゃないか?

 

だから今年の課題は「必死より本気」のこと。

 

断捨離できなかった自分は、色んなことを経て、いい経験になったが、納得して完璧にできたと思うことは何もなかった。

 

だから、今から自分が生き甲斐とした『好奇心』に重心を置いて生活を送る。それによって、大学時代の虚しさも少しづつ満たされると思う。

 

本気で人生を楽しんで行きたいと思う!

 

なので、去年の検索ランキングに上がっていた、マンダラチャートについてちょっと本を読みました。

 

今迄脳の中でバラバラだった考えをマンダラチャートによって一目で見ることができた、あやふやな目標も少しづつはっきりしてきた。

 

やはり書くことによって脳内整理ができると実感した、これからはマンダラチャートを活用して、自分にとって一番大事なことを探していこうと思っている。

 

今度こそ、時間を自分の味方にしよう!!

 

詳しい目標は次回のブログへ〜

 

 

 

By 好奇心に殺されないように気をつけるはるかでした

 

 

 

adventure time 短編アニメ

f:id:kamafuchi:20170507222014j:image

 

【あらすじ】

主人公は人間ーPen(当時の名前)と、マジックパワーを持つ犬ーJake。二人一緒にIcekingの所へ行って、誘拐されたPrince Bubblegumを助けにいく話です。

 

 

f:id:kamafuchi:20170509130213p:image

 

↑伝説の男も出てきた(笑)↑

 

f:id:kamafuchi:20170509132126j:image

 

 

 

【背景】

脚本家はPendleton Ward。2007年1月11日、ニックトゥーンズネットワークによって放送された7分の短編アニメーション。アニー賞のベスト短編アニメーションに候補されたこともある。

ネットで大反響を呼んだから、シーリスを出すことになった。最初はニックトゥーンズネットワークに何回も頼んだが、いい結果がなくて、2008年9月でカートゥーンネットワークが許可をして、シーリス化になった。

 

 

(豆知識)

ペンの声優Zack Shada

フィンの声優Jeremy Shada

 

二人は兄弟です。シーリス化の時Zackが声変わったから、それと声が近い弟に頼んで、今のフィンの声になった。

 

 

参考

Finn | Adventure Time Wiki | Fandom powered by Wikia

Adventure Time (pilot) - Wikipedia

 

 

※間違えた所があたら、コメント欄でよろしくお願いします※

 

アドベンチャータイム

f:id:kamafuchi:20170507203305j:image

 

このアニメ本当に5年前からハマって、最近やっと日本でちょっと人気出るようになった(*´ω`*)

 

その時はこのアニメで英語のリスニングの練習にした、子供向けに見れるが残酷なシーンが多くて、そのうちの何話はちょっと怖すぎでトラウマになりそう

 

見た目と違って、そんな優しいアニメじゃない〜

これもアドベンチャータイムにハマった理由の一つ(笑)

 

日本のアニメと違って最初から人物の紹介なしで、いきなりストーリーを進む。

 

背景やキャラクター紹介はパズルみたいに、バラバラになって、いろんなエピソードに隠してる。その色んなヒントを集めて、最終的に一個大きな絵になるのを楽しむものだ。

 

そして〜ほぼ毎話にカタツムリが出場する、これから考察しながら毎話のカタツムリを探したいと思う🐌

 

今は友達に紹介して、彼と一緒に最初から見て、彼に説明したいがテンポが早すぎで、追いつかない(笑)

 

bugもいっぱいあるので見る時「あれれれれ」って思う時もある〜それは脚本は多人数で一緒に作り上げたから、たまにミスる、でもストーリーの進行には影響はないので〜平気〜平気〜

 

英語バージョンともちょっとだけ異なる部分あて、それもできたら訳したいと思ってる。

 

今DVD買いたいと思ってるが、日本で買いたいが、今は英語発音の日本語字幕版はないらしくて、もしかして英語版の買う。ふむ。

 

オフィシャルでシーズン9で完結と言ったから、凄く結末にワクワクとちょっと寂しい気持ちになった。

 

フィンと一緒に成長していくのも楽しい所。

普通のアニメと違って、中のキャラクターはちゃんとストーリーとともに年をとる。シーズン1では12歳で、今は17歳になったになった。(色んな説あるが、後ほど)

 

日本語バージョンは最近見たばかりからまだわからないが、英語版のフィンの声優さんはちゃんとフィンと一緒に成長する、最新話とシーズン1とは明らかに声が変わった。途中も声変わりの時期に入った時も、声優がワザと声を擦って青春期を強調しようとしたらしい。

 

今日はとりあえずここまで、以上の情報はウィキペディアと色んなファンの討論サイトから見つけた大雑把な情報。

 

これからもよろしくお願いします。

 

良かったらバーに来て、飲みながら一緒に見よう〜。